Red Hat OpenShift 事例セミナーシリーズ

第6回 お客様のコンテナ導入への課題を解決する実践プログラム"Container Adoption Journey"

2022年03月01日 | Zoom

概要

Red Hat OpenShift はエンタープライズ対応の最も広くデプロイされているマルチクラウド・コンテナ・プラットフォームであり、既存のITデプロイメントと将来のクラウドネイティブ環境のプラットフォームを提供します。既存システムのクラウド化から次世代システムへのビジネス変革まで、Red HatはOpenShiftを通してKubernetesへの重要な実運用対応イノベーションの導入に貢献してきました。さらに、充実したパートナー・エコシステムにより、開発チームとIT運用チームを共通のプラットフォーム上に集約を実現します。

本シリーズではOpenShiftに関する活用法と最新事例を通じ、Red Hatがお客様の課題をどのように解決したのかをご紹介致します。各産業別のコンテナ活用ベストプラクティスと、技術セッションを通じて、お客様の課題解決をご支援致します。

第6回目となる本セミナーでは、コンテナ導入を検討した企業が抱えている課題を解決するためにはどのような取り組み・考え方が必要かをご紹介します。

コンテナを導入するだけでなく、どうすれば継続的にサービスを改善し続けるものにできるのか、その運用体制に必要なものは何か、Red Hatが解決のご支援をいたします。

DX実現し目指す各業界リーダーのみなさまはもちろん、どのように迅速なサービス展開と内製力の強化を実現したか、現場のみなさまも必見の内容となっております。ぜひご登録ください。

Red Hat OpenShift 事例セミナーシリーズ
第6回 お客様のコンテナ導入への課題を解決する実践プログラム"Container Adoption Journey"

【日時】2022年 3月1日(火) 15:00- 16:00 予定

【主催】レッドハット株式会社

【対象】※対象外の方はお断りする可能性がございます

  • 情報システムおよびシステム基盤の提案・設計・構築・運用等行うユーザー企業
  • コンテナテクノロジーを活用するシステムインテグレーション企業の方
  • コンテナテクノロジーを導入してサービスを外販するパートナー企業

【Red Hat OpenShift 事例セミナーシリーズポータルページはこちら

アジェンダ

14:50-15:00 開場
15:00-15:45
お客様が抱えるコンテナ導入の課題を解決する
Red Hatが提案するCAJ(Container Adoption Journey)の役割
15:45-16:00
まとめ Q&A
 

スピーカー